mistranslation 海外反応しぇるた

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
最新記事
TOPスポンサー広告 ≫ L'Arc~en~Ciel アメリカLIVEの外国人レビューTOP音楽 ≫ L'Arc~en~Ciel アメリカLIVEの外国人レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

    L'Arc~en~Ciel アメリカLIVEの外国人レビュー

    By Lauren Goodnight and Karyn Waller(以下LGとKW)

    噂や憶測が何ヶ月も飛び交った後、日本のロックバンド、ラルク・アン・シエルがコンベンションでライブ公演するだろうと、OTAKON 2004運営陣は意気揚々と発表した。オタコンがこのバンドを連れて来る事は、並大抵の事ではなかった。何故なら、ラルク・アン・シエルは疑いも無くこれまで日本から来た中で、最も有名なバンドの1つなのだから。
    1991年に彼らがデビューして以来、3500万枚以上を売上げ、ソロ企画のため2年間活動を中断した後、彼らは2004年にアルバム”SMILE”と共に帰ってきた。そして、その短い活動停止期間は彼らの名声を損なう事は無かった。

    ラルク・アン・シエルは幾つかのアニメテーマソングをG.T.O、るろうに剣心、D.N.A2、そして最新ヒット作アニメの鋼の錬金術師などのような、とても人気のあるアニメ番組に提供してきた。このバンドはボーカルのハイド、ギターのケン、ベースのテツ、そしてドラムのユキヒロで構成されている。彼らのライブ公演実現の為に、一致団結し努力してくれたトーフ・レコードとオタコンのスタッフに感謝します。

    Setlist(曲目)

    01 接吻-Kuchizuke
    02 Lover Boy
    03 HEAVEN'S DRIVE
    04 Spirit dreams inside
    05 自由への招待
    06 永遠
    07 花葬
    08 瞳の住人-Living In Your Eyes
    09 Driver's High
    10 Feeling Fine
    11 STAY AWAY
    12 REVELATION
    13 READY STEADY GO
    ------- アンコール -------
    14 HONEY
    15 Blurry Eyes
    16 Pieces

    LG: コンサートの前に、観衆は鋼の錬金術師の第1話を見せられた。観衆のオープニングテーマへの反応(1話では最後に流れる)は、大騒ぎだったわね・・・・・・準備OKよ!
    オープニングナンバーは”接吻-kuchizuke”だったわ、その時、日本人の少女達がステージへ殺到して、もう少しでステージ花火に接吻して前髪と眉毛を焦がすところだったのよ。花火といえば、このアメリカでのライブの仕掛け花火は日本でのライブと同じくらい手の込んだ物だったわよ。

    KW: ”接吻-kuchizuke”は素晴らしい幕開けだった。曲が始まるのと同時に炎が燃え上がり、照明が輝きを増し、私達は熱狂した。通常、観衆はハッとさせられるような気合の入ったオープニングを望むけど、”接吻-uchizuke”はそれを成し遂げていた。次の曲は"Lover Boy"、これは素晴らしいフォローアップだった。 ケンとテツがギターとベースの旋律で間奏を弾いている間、ドラムスはこの独特な曲のために力強くリズムを刻み続けた。
    次の曲は"HEAVEN'S DRIVE" よ。これには観衆もいよいよ本気ではじけてきた。ほとんどの人がこの歌を知ってるみたい、歌っている人がたくさんがいたわ。曲が終わった後、ハイドは観衆に話しかける事に決めた。彼は私達に迎えられ、ボルチモアに来くる事ができて嬉しいと明らかにした。そして、質問を投げ掛けた。

    ハイド: 糞(CRAP)食ったか?
    観衆 : ”ハイドが話してきたので大声を上げるけど何を言ってるのか理解できない”
    ハイド: 糞(CRAP)食ったか?!!! ”繰り返してきた”
    観衆 : ”糞に笑う人や彼の言いたい事が分かって大声を上げた人もいた。”
    ハイド: カニ(CRAB)食ったか?!!!!!
    観衆 : YEAH!!!!!!

    KW: 聞いてちょうだい、この日の前に私はカニを食べてきて、”うわ!ラルクにも食べさせてあげたいっ”って思ってたの。だから、嬉しかったわよ。メリーランドのクラブ・ケーキは、逃しちゃいけないご馳走だからね。

    LG: 私はメリーランドにいる間に、カニスープをたぶん3、4杯食べたわ。これより美味しい物は無いわ。Go hyde-sama! ”Spirit Dreams Inside”が次の曲で、あらゆる観衆の注意を引き付けた。ハッキリとした理由は無いんだけど、私はみんなが曲に沿ってどう歌えばいいのか知ってるように思えた。この曲が映画Final Fantasyで、おそらく1番の見所だったので、それがアルバム”SMILE”に含まれていると知った時はとっても興奮したわ。これをライブで聴いているとウキウキしてくるの、ハイドの声も澄み切っていてコントロールされてた。

    KW: それから、"Spirit Dreams Inside"に続いて”自由への招待”ね。これはバンドの最新のシングル、本当にどのCDにも入れてないので、私はこの曲をやるとは思ってなかったわ。嬉しい誤算よね。それに続いたのはSMILEからの”永遠”、素敵だったわ。この時は、ステージの照明が淡い色で少し落とされていた。
    正直に言うと、私はSMILEに完全にはハマっていないの、だけどねこれはライブだった。それは楽しかった・・・・・・もし、ある曲のスタジオ録音が好きじゃなくても、結局ライブでなら好きになると私は気付いた。
    次に来た曲が”花葬”、これには色んな意味で驚いたわね。1つ、これはSMILEにもBEST13にも入っていない。このコンサートの曲目はもっぱらそれら2つのアルバムから選出されていた。(花葬と自由への招待だけ違う)2つ、これは私の理解(限られた知識だけど。もし私がここで間違っているならば、私の誤りを指摘してください!ラルクファンの仲間達 )だけど、彼らはあまりライブで”花葬”をプレイしないの。それが素敵だったのは、言うまでも無いわね。この時の照明の効果は本当に最高だった!

    LG: 私がどんなにSMILEを楽しんだか知っている人は、私がどれだけこの次の特別な曲を愛しているかしっています。”Living in Your Eyes”は英語でのタイトル、私はこの曲を”Otakon 2004の聖歌”かそれに相当するものだと宣言していました。その曲は美しくバンドの活力と感動が、私に絶頂時のX-Japanを思い出させました。その曲が演奏されいる間ずっと、この曲が私達の周りに呪文を織り込み、全ての神経を引き込んでいく様だったので、私達の全てが感情的な瞬間に包まれていました。 もしあなたが、このシングルのイメージぴったりの映像と出会うチャンスがあれば、それ自体が得がたい経験になるのだから、何が何でもゲットするよう努力して下さいね。とても情熱的です。

    KW: ”瞳の住人”には何て言ったらいいの?簡単にこれはSMILEの中で最も美しい曲(個人的には、彼らのベストの1つだと思う。でも、あなたの意見は違うかもしれない、当たり前の事だけど)と言える。私は本当に言葉にする事ができない、どれだけこの曲を聴いたら私にとって明確な意味を得られるのか。それは1つの何かの体験のようでした。私は、ハイドが英語を話すという勇気ある世界へ飛び立つ決心をしたのは、この曲のあとだったと信じています。

    ハイド: 俺・・・俺は、エヴァンゲリオン。知ってるか?!エヴァンゲリオン!!!
    観衆 : 全てのエヴァ・ファンボーイが雄たけびを上げ、ハイドの
         ファンガール達が叫んだ、それ以外の観衆はドッと笑う。
    ハイド: 狂え!分ってるか!
    観衆 : ”大声でわめく”
    ハイド: 狂え!!!!!
    観衆 : ”うなり声で応える”

    LG: もう私は死にそうだった。死にかけたわ。私はエヴァにハマってた、そこにハイドのコレだもの、エヴァの様にステージ上を歩き回って”going berserk(狂え)!”だなんて、死ぬほど面白かったわ・・・さらい面白いことに小柄な女性みたいなハイドがそう言うんだもの。

    KW: ハイドのフリートークに続いて、バンドは"Driver's High"に突入。 これはとっても楽しかったわね。気付いている人もいるだろうけど、これはG.T.Oの主題歌の1つね。それから、"Feeling Fine"これは・・・feeling fine(上機嫌)。 観衆はこの頃にはもう、どっぷりとバンドに引き込まれていて何が起こってるのか分らなかったわ。

    LG: "Feeling Fine" はもの凄く楽しかった。たった1つの問題は、ハイドが観衆にマイクを向けて手助けをしながら、”Are you feeling fine?”の歌詞を歌わせて、観衆を掴もうとし続けていた事かしら。私の中の荒れ狂うファンガール魂は、私に最大の肺活量で全ての歌詞を叫ばせて、(声優のキャリアの危機?何それ?)そして不機嫌にさせたわ。何故って、ホール中に”Are you feeling fine?”と全ての観衆が適切に歌う声が響かなければいけなかったのよ、あの時は。

    KW: そして、"Revelation" もしくはローレンが呼ぶ所の”マリリン・マンソン・ソング”ね。生の"Revelation"は最高だった。照明効果は全て赤と暗闇、そしてハイドは歩き回りながらうなり声をあげていて、そうね全てが良かった。

    LG: 私は間違いなくキーをぶっ叩いていたわ、animeondvd.comの為に"Revelation"のリビューを書いていた時は。だって、なんてこの曲は良いんだろうかと、顎が床に着くほど口をあけたままアリーナで立ち尽くしていたもの。私は真っ赤になってオロオロしていた。どうやったら音響効果の悪い中規模のこのアリーナで、最高のスタジオレベルの良いサウンドを出す事ができるのだろうか?ラルク・アン・シエルは奇跡を起こしたわ。

    KW: それから、ハイドのスペシャル級の英語がもう一度。

    ハイド:Are you ready?
    観衆 :YEAH (私達は、この後ナニがくるか知っている。)
    ハイド:ARE YOU FCKING READY?!!! (やっぱりキターーーー!完璧!)
    観衆 :”うなり声で応える”
    ハイド:READY STEADY GO!

    KW: そしてそれから、彼らは"Ready Steady Go." へ突入していった。全ての鋼の錬金術師のファンボーイは立ち上がって応援していた、もう単純に楽しかったわ。大量の叫び声と飛び回る人達の中にこの評論家も参加したわよ。そして、この曲が終わるとバンドはステージから去っていったの。

    LG: "Ready Steady Go"への反応は予想通り正気の沙汰ではなかった。観衆が鋼の錬金術師の上映で火を付けられた後に、私はこうなるだろうと期待してたの、ズバリだったわ ね。ステージ脇の巨大スクリーンはこの曲の時だけ使われていて、鋼の錬金術師から様々なアクションシーンが映されてたわ。誰もそのスクリーンに注意を向け る人がいなかった事は言うまでもないわね。

    KW: 今、私達のライブリポートは、アンコールの作法についてもう一度説明を試みる所まで到達したわ。バンドが演奏を終えた時、場内照明は点いていなかっ た・・・・・・行っちゃだめよ。彼らは帰ってくるから。場内照明が点いたら、その時は出て行ってもいい。その前は駄目なの。もちろん、これは聞き入れられ なかったことになるわね、私が見たところでは大体25%の人が場内を去ったみたいだから。(管理人注:DVDを見た限りではほとんどの観客が残っている。 25%はありえない。)私はその人達に別の予定があったとしても、出て行って欲しくなかったわ。多分、素晴らしいコンサートでは、誰も帰ったりしないとい うのが私の意識の中にこびり付いていたのね。
    ・・・・・・わからないものだわ。

    LG: 違うわ、ほとんどのレコーディングスター達でも、とてもよくある事なのよ。場内照明が点かなければ、あなたは席を立たない。その反面、私がコンサートの前後に聞いて回ったところ、たくさんの参加者が初めてのコンサートだったの。あなたの様に詳しくないのよ。

    KW: 良いのよ何も言ってくれなくて。15分が過ぎた頃、バンドが姿を見せた。えーと、ハイドがいない、テツとユキヒロが来た。そしてケンが来たのイルカのお面を被って、笛を持ってる。

    ケン:僕が誰か知ってる?
    観衆:ケン!!!
    ケン:NO! 僕が誰か知ってる?
    観衆:”まばたき” ケン?
    ケン:No! 僕はイルカ!!!
    観衆:O_O (←目が皿)
    ケン:僕はボルチモア水族館から来たんだ!
    観衆:”大爆笑”

    LG: 何が起こっているのか、皆んなが理解するのにしばらくかかったわ、でも理解してみるとそれは恒例の遊びだった。ケンは観衆を遊びに参加させ続けようとし て、僕はイルカでケンじゃないよと説明する前に、黙ったり笛をかき鳴らしておどけた態度を見せていた。そのケンの努力はあまり効果がなかったけれど、観衆 の注意を引付けていて、その間にアンコールの準備が整いつつあった。アンコールは過去のアルバムの曲が多く含まれていたわ。

    KW: アンコールの最初は"Honey"、私のお気に入りなの。おそらくこれまでの彼らの曲で最も”ポップ”な曲よね。ハイドは大きなスピーカーの上によじ登っ て私たちに歌いかけたの、何故か分らないけどね。実のところ、彼はライブの間中それをかなりやってくれてたのよね。ラルクは私が見てきた中でも、観衆を巻 き込んでいける非常に数少ないバンドの1つね。これは素晴らしいことよ。
    "Blurry Eyes"がその次の曲ね。そのイントロは歓声で迎えられたわ。 ほぼ間違いなく、アニメファンが知ってる彼らの曲では最も人気のある曲(とにかく"Ready Steady Go" が出るまではね。)で、この場所は熱狂と化したわ。みんなが曲に合わせて歌って、踊っていたわ、そして突然、曲が止まったの。

    テツ:俺のバナナが欲しいかー?!
    観衆:”まばたき”静寂
    テツ:”バナナを取り出して振ってみせる”
    観衆: ギャー!!!!! ”手を突き出す”
    テツ:”群集にバナナを放り投げる”
    最前列で争奪戦が起こる、残りの人達は大爆笑。

    LG: もちろん、私達もテツのバナナが欲しかったわよ!コンサートのこの時点で、彼はヴェルヴェット・アンダーグラウンドのバナナTシャツを着ていた。アン ディ・ウォーホールとヴェルヴェット・アンダーグラウンドは、今日本で人気復活中なの、そう、まさに彼らがココでスタートした自身の"15分の名声"のよ うに、彼らの非常な滑稽さはアメリカへその全てを持って帰ってきたと私は感じた。それと、対のバナナの性的なほのめかしもね。

    KW: それからバンドは気ままに振舞っていて、私達はみんな笑っていた、そして最後に、私はケンかハイドのどちらかが「俺達の歌の続きが聴きたいか?」と言って いるんじゃないかなと思ったので、叫び声をあげた。そうすると彼らは続きを演奏してくれたの。私は死にかけてた。私がたくさんのコンサート旅行で見てきた 中で、これは1番素敵な観衆を掴むやり方だったわ。
    何故彼らが、"Blurry Eyes"を中断するのかという裏話はこうよ、このバンドがHeavenlyコンサートの録画をしていた時、"Blurry Eyes"の曲の間に、ケンはステージを演奏しながら歩いて渡っていた、そして彼はつまづいた。激しく。それ以来、このバンドはいつも、この曲を止めて上 記のバナナパフォーマンスのような馬鹿げたことをするようになったの。(ありがとうサム、この件をハッキリさせてくれて)
    この後、ハイドはもう一度私たちに、最後に何が起こるのか話してくれた。

    ハイド:俺は今夜、素晴らしい時間を過ごしてるよ!俺達はお前らを愛してる。ありがとうアメリカ。ありがとうボルチモア。愛してるぜ!!!次の曲は・・・・・・最後の曲・・・・・・"Pieces."

    KW: そして"Pieces" が始まったの、私はまた泣き始めちゃった。この曲の間ずっと観客は携帯やライトスティックを取り出して、光を点けてから会場全体で曲に合わせて左右に揺ら していたの。それは・・・・・・信じられない光景だった。ずっと多くの人がそうしていたのよ、私はそうならないと思ってたのに。
    ラルク・アン・シ エルは驚くべき公演をしました。彼らひとりひとりの出番でも。ハイドの美しい声から、ユキヒロの強く叩きつけるドラム、ケンの狂気のようなギタープレイ、 テツの見事なファンキーベースの旋律まで、バンドは素晴らしく仕上がっていた。オタコンとトーフレコードは、悪夢の様な設備運営をさばききるという極上の 仕事をした。どうかこのバンドをサポートして彼らの商品をトーフから買って下さい、お願いします!
    今ここで望む事はこのライブが、ここUSAでの数多くの最初のライブになるってこと。乾杯!

    LG: 私は自分の光り輝くスティック・コレクションに手を突っ込んでこなかった事に、叫んで自分自身を呪った。カーリンの言ったように、私達の多くが携帯を持っ ていて、直ぐにそれ取り出して振り回した。群集はひとつの大きな生命の様にバンドの前で愛を込めてを動いていた。崇拝する音楽に愛を込めて。
    コン サートが終わった時、皆は列をなして離れていきました、コスプレイヤー、ロリータ、ゴシック、小さくて残念そうにしている日本人の少女達、大きくて怖い ファンボーイ達、そして普通の人々、それら全てが一体になりそのバンド、その音楽、そしてその体験について語り合うのを見るのは素晴らしかった。確かに私 達の多くはほとんど圧倒されていた・・・とても。でもそれは、このライブの精神とラルクの精神が、感情を揺り動かし、ポストモダン日本ロックの情熱を私達 に見せることで、私達全てを虜にしたからだと思うの。

    この夢の実現に尽力されたオタコンにお礼申し上げます。特に、カーリンと私はバンド と観衆を両方とも見渡せるプレスエリアでの取材を許していただいた事を、トーフレコードとソニーに感謝します。彼らの招待客同様に私達出席者を扱ってくれ たトーフは本当に眩しく輝いていました。ありがとう。

    mania.comの記事を管理人が翻訳引用した】

    関連記事

    Comment













    非公開コメントにする
    Trackback

    Trackback URL

    プロフィール

    ミストラン

    Author:ミストラン

    クリック ミー!
    メールフォーム
    ご意見・ご要望などをどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お薦めしてみる
    POWERED
    Template by
    FC2ブログのテンプレート工房
    Design&Customize by
    Pretty Heart-blog
    Powered by FCブログ
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。